ヴォーノ・イタリア 茅ヶ崎店

川北 敏貴

【出身】日本福祉大学  子供発達学部 心理臨床学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事

店舗運営はもちろん、人を育てることを大切にしています。
店長として店舗運営に関わる全てを担っていますが、特に重視しているのは接客のクオリティアップです。
アルバイトの一人ひとりに、自分の習熟度が一目で分かる様にチェック表をつけています。既存のチェック表もあるのですが、例えば「料理提供」という項目ひとつとっても、「まずお辞儀」「料理名を添えながら」「皿を置く時は静かに」「ごゆっくり、とお声がけする」と動作は細分化した方が、皆のレベルを細かく把握できます。人によってバラつきがでることなくレベルアップしていけると考えたのです。
この取り組みは、本社の会議でも発表しました。全店で取り組んでいければ、全体の接客レベルもきっとあがるはず。店長になって、会議や情報発信のシーンも増えましたね。


だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

自分が面接して採用した子の成長が見れるのが嬉しい!
アルバイトスタッフの採用面接も行っています。今のお店は高校生の子も多く、バイト自体が初めてという子も多く出会います。
基本中の基本である「あいさつ」や「働く」ということから教えていくので、根気のいる仕事です。遅刻ぐせが直らない子には、「なぜ遅刻をしてはいけないのか」をコンコンと説いたり、時には一緒になって考えたり…。人に教える事によって、自分も基本に立ち返れたりするので、自分のためにもなっています。
また、ピザやパスタがキレイに作れる様になって、その事がお客様アンケートなどで褒められていると、まるで自分の事のように嬉しいと感じますね。そんな、自分がイチから育てた子が成長する姿が見れるのが一番嬉しいです。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

社長の行動力に驚き、会社の行く末を見たいと感じました!
当社にエントリーをしたのはたまたまだったのですが、会社説明会に参加して一気に考えが変わりました!有名ホテルのコックや在カナダ大使館の料理長を務め、イタリア修行の後に日本全国でレストランを立ち上げるなど、独特な社長の経歴に興味を持ちました。また、説明会で語る社長の経営ビジョンを聞き、「この会社の成長を間近で見ていきたい」と感じるようになりましたね。
当時から考えると、今では売上規模も30倍!これからもル・クールがどうなるのか、楽しみです。


これまでのキャリア

店長(ヴォーノ・イタリア茅ヶ崎店:2年目)
↑店舗スタッフ(ヴォーノ・イタリア堀田店:1年半)
↑店舗スタッフ(ヴォーノ・イタリア国分寺店:1年半)


先輩からの就職活動アドバイス!

今は仕事や会社の情報がネット上にあふれています。だから、志望する会社のことはトコトン調べて、よく知った上で説明会や選考に参加したほうが良いでしょう。また調べるだけでなく、人事担当者に質問があればドンドンぶつけることをおすすめします。知ったつもりで入社して、想定と違っても長くは働けないですよ。