ヴォーノ・イタリア 小平店

岸本 大葵

【出身】岐阜経済大学  経済学部 スポーツ経営学科 卒
【年収】非公開

これが私の仕事

店舗のクオリティアップのために、人を育て、いい関係を作っていく。
店舗責任者として、「関わる全ての人が幸せになる」そんな店舗を目指して店舗運営を行っています。特に、妥協したくないのが料理のクオリティです。
アルバイトスタッフは全員で30名ほどですが、パスタやピザは「アツアツをお持ちする」とうたっていることもあり、指導する時はマンツーマンで教えます。ランチやディナーの営業中も可能な限り、手本を見せ、繰り返し実践しています。
また、営業後に一緒に食事に行ったり、自分の事をどんどん打ち明けたりして、スタッフとのコミュニケーションも大切にしています。せっかく自分と一緒に働くなら、ただのバイトで終わってほしくない。何か、思い出に残るような成長をしてほしいと願っています。店舗独自にスタッフ表彰をしたり、誕生日にちょっとしたプレゼントをするなど常に考えています。


だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

思いもよらない「人の成長」が何よりうれしい。
大学生や主婦、フリーターなど様々なスタッフがいて、人それぞれ人柄が全く違います。とても反発的な子がいたのですが、この子の指導はひと苦労させられました(笑)。
ある時、「新人と一緒に入ると、自分の仕事が増える」と文句を言われたのですが、この事について本人が納得いくまで何度も根気よく話し合いを続けました。僕が配慮してあげられること、さすがに無理な事とその理由など、腹を割って話していく内に、日々、表情が良くなっていくんですね。
今では信頼関係もできあがり、例えば1つ掃除を頼むと、その範囲を超えた所まで清掃してくれたり、うれしい姿を見せてくれます。すんなりといかなかった分、僕にもいい経験となりました。


ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

独立志向が強かった自分を買ってくれた!
将来は飲食の世界で自分の店を持ちたい、そう考えて就職活動をしていました。だから、受けた会社はフード業界ばかり。一度は就職するものの、それはいわゆる「修行」のつもりでいたんです。
そんな時に出会ったのがル・クールでした。会社の規模も大きくなく、まだまだこれから成長していく会社だと感じ、正直、昇進のスピードも早そうだと期待しました。
社長の経歴も面白く、多趣味で気さくな人柄。選考を進むうちに「この人と一緒に働きたい」という想いが強まりましたね。「自分の店を持ちたい」という気持ちを買ってくれたのか、一番に気持ちよく僕の事を買ってくれて、内定を出していただけました。
様々な経験をさせてもらえるので、あの時の決断は間違ってなかったと思います。


これまでのキャリア

店舗責任者(ヴォーノ・イタリア三鷹店:1年目)
↑店舗責任者(ヴォーノ・イタリア小平店:1年)
↑店舗スタッフ(ヴォーノ・イタリア八王子店:1年)
↑店舗スタッフ(ヴォーノ・イタリア国分寺店:1年半)


先輩からの就職活動アドバイス!

おぼろげながらでも、自分が「幸せ」と思えるゴールを描いて就職活動できると良いと思います。そのゴールから逆算して、「20代・30代で自分が何を経験すべきか」を考えると道筋も見えてくるのではないでしょうか。僕の場合はそれがフードサービスでした。ぜひ、自分の描いた将来に向けて頑張ってください。